FAQ

ページキャプチャ・計測

登録できるキャプチャ対象ページ数に上限はあるか?

登録できる対象ページ数の上限はありませんが、月間のキャプチャ数は、ご契約プランに応じて上限を設けさせていただいております。
ご契約プランの確認方法はコチラ
一時的な上限変更や契約プラン変更をご希望の場合は、お申込みフォームをご利用いただくか、弊社担当者まで直接ご連絡ください。

画面遷移時に異なるドメインに遷移した場合も計測はできるか?

Content Analyticsはクロスドメインに対応しております。
以下3つの設定を行ってください。

  • 遷移前画面/遷移後画面の両方にトラッキングコードを貼り付けしてください。
  • 遷移前画面/遷移後画面の両方をキャプチャ対象ページとして登録してください。
  • クロスドメイン設定を行ってください。詳しくはコチラ

ページキャプチャを手動で更新することはできるのか?

はい、可能です。
ページキャプチャの手動取得方法はコチラ

どのようなルールでコンテンツを分割しているのか?

Contents Analyticsでは、HTMLのDOMを解析してbodyタグから順番に辿ってコンテンツを収集・分割しています。

  • DOM構造の10階層目まで分割を行い、以降は分割を行いません。ただし、aタグに限り10階層以降も分割を行います。
  • 原則としてdivタグで分割を行いますが、インライン関連のタグ(span, strong, iなど)がdivタグと同じ用途で使われている場合は分割を行います。
  • ターゲットコンテンツ機能を用いてCSSセレクタを指定することで、任意の粒度で分割することが可能です。詳しくはコチラ
  • 1ページあたりの分割数が500~1000程度に収まるように自動で調整を行います。

カルーセル、アコーディオン、ポップアップ、モーダルはキャプチャできるのか?

対応状況は以下の通りです。

  • カルーセル
    ターゲットコンテンツ機能を使用してキャプチャ可能です。
  • アコーディオン
    初期状態がオープンの場合は、特別な設定は必要なくキャプチャが可能です。
    初期状態がクローズの場合は、実装の構造によりますが、クローラーコントローラー機能でキャプチャできる場合があります。
  • ポップアップ
    クローラーコントローラー機能でキャプチャできる場合があります。
  • モーダル
    クローラーコントローラー機能でキャプチャできる場合があります。

詳しい設定可否はオプションページにてご紹介しております。

iframeで表示しているコンテンツも計測できますか?

iframeで表示しているコンテンツは、ビュー数の計測は可能ですが、クリック数の計測はできません。

その他

対応しているデバイスは何か?iOSも対応しているか?

PC・スマートフォンサイト共に対応しております。

対応していること

iOS safariやAndroid Chromeなどのブラウザを使ってWebサイトを閲覧した人のデータ取得・分析が可能です。

対応していないこと

  • iOS・Androidネイティブアプリのデータ取得・分析はできません。
  • Content Analyticsのレポート画面をiPhoneなどのブラウザから閲覧することはできません。

Content Analyticsの動作環境を知りたい

動作環境はコチラをご確認ください。

トラッキングコード

同一ページ(URL)を別のプロジェクトでそれぞれ計測することはできるのか?

はい、計測可能です。
その場合、2つ目以降に貼り付けるトラッキングコードは、一部修正が必要です。

/* 修正前のタグ */
<script type="text/javascript" src="https://tag.contentanalytics.jp/agent.js" data-ca-namespace="_ca"></script>
<script type="text/javascript">
    _ca('create', '{プロジェクトID_1}', {autoClickCustomEventEnabled: false})
    _ca('run')
</script>
/* 修正後のタグ */
<script type="text/javascript" src="https://tag.contentanalytics.jp/agent.js" data-ca-namespace="_ca2"></script>
<script type="text/javascript">
    _ca2('create', '{プロジェクトID_1}', {autoClickCustomEventEnabled: false})
    _ca2('run')
</script>

【注意事項】
Content Analyticsでは、タグ発火ごとにPVが消費されるため、同一ページに複数のトラッキングコードを複数挿入すると、消費PVも重複してカウントされます。
ご契約プランに応じて月間の上限PVが設定されておりますので、消費PV数にご注意ください。
ご契約プランの確認方法はコチラ
一時的な上限変更や契約プラン変更をご希望の場合は、お申込みフォームをご利用いただくか、弊社担当者まで直接ご連絡ください。

トラッキングコードをGoogleタグマネージャ(GTM)・Yahoo!タグマネージャ(YTM)で設置することは可能か?

はい、可能です。
詳しくはコチラをご確認ください。

トラッキングコードはすべてのページに挿入する必要があるか?

キャプチャを行うページゴールとして利用したいページにトラッキングコードを設置いただく必要があります。

トラッキングコードのscriptタグに識別用のidやclassを付与しても問題ないか?

はい、可能です。
以下をご参考に、自由にidやclassの付与を行ってください。

【例】

/* 変更前 */
<script type="text/javascript" src="https://tag.contentanalytics.jp/agent.js" ~></script>
/* 変更後 */
<script type="text/javascript" id="example_id" class="example_class" src="https://tag.contentanalytics.jp/agent.js" ~></script>

契約・ライセンス

取得できるPVに上限はあるか?

取得できるPVの上限(計測可能PV数)は契約プラン毎に異なります。
ご契約プランの確認方法はコチラ
一時的な上限変更や契約プラン変更をご希望の場合は、お申込みフォームをご利用いただくか、弊社担当者まで直接ご連絡ください。

レポート

レポートのフィルタとは何か? どのようなフィルタがセットされているのか?

特定の属性に絞ってレポートを表示する機能です。
デフォルトでは以下ディメンションがセットされています。

  • 行動(訪問回数など)
  • ページ(ランディングページなど)
  • ゴール

お客様ご自身で設定いただくことで、以下のディメンションもご利用いただけます。

  • ユーザー
    独自で設定するユーザー識別情報をご利用いただけます。詳しくはコチラ
  • カスタムディメンション
    UTMパラメータなど、独自パラメーターをご利用いただけます。詳しくはコチラ
  • データインポート
    CRMなどに保存されているデータを取り込んでご利用いただけます。詳しくはコチラ

ページレポートは表示されているが、コンテンツレポートに遷移できない

  • 組織管理画面の「基本情報」で契約プランをご確認ください。
  • 組織管理画面の「ページキャプチャ取得上限設定」をご確認ください。
    該当プロジェクトの「キャプチャ取得上限割合」が「0」より大きい数値になっている必要があります。

ページレポートに対象ページのレポートが表示されていない

レポートの表示は、キャプチャ/データ計測開始の翌日以降となります。
キャプチャ/データ計測開始の翌日以降もレポートが表示されていない場合は、以下を確認してください。

  1. 対象ページにトラッキングコードは設置していますか?
    トラッキングコードの設置方法はコチラ
  2. トラッキングコードの発火は確認できていますか?
    トラッキングコード発火の確認方法はコチラ
  3. 自動クローラー設定は完了していますか?
    自動クローラーの設定方法はコチラ
  4. キャプチャがスキップ/エラーになっていませんか?
    キャプチャ履歴の確認方法はコチラ

上記すべてが問題ないにも関わらず、レポートが確認できない場合は、フォームよりお問い合わせください。

コンテンツIDとは何か?

コンテンツIDとは、ひとつひとつのコンテンツに割り振られるランダムな32文字のユニークIDです。
PC/Mobileで同じコンテンツが表示されている場合、同じコンテンツIDが振られています。
外部データエクスポートで出力するCSVデータには、閲覧コンテンツがコンテンツIDで表記されます。

ゴール設定したが、レポートのゴールが「0」のままとなっている

以下のケースが考えられます。

  • 複数のゴールを設定している場合、レポート画面で表示するゴールを切り替えていただく必要があります。
    ゴールの切り替え方法はコチラ
  • PCとモバイルでゴールが異なる場合、レポートを表示するデバイスを切り替えていただく必要があります。
    デバイスの切り替え方法はコチラ
  • ページ到達をゴールとしている場合で、キャプチャ対象ページと異なるドメインの場合、クロスドメイン設定が必要です。
    クロスドメイン設定はコチラ

データ連携

ユーザーID連携とは何か?

会員サイトなどが持つユーザー識別情報(ユーザーIDなど)をContent Analyticsに連携する機能です。
ユーザーID連携を行うことで、Content Analyticsのユーザー行動ログにユーザー識別情報が含まれるようになるため、フィルターのディメンションとしてユーザー識別情報を使うことができるようになります。
※氏名などの個人情報のインポートはできません。

詳しい設定方法はコチラ

データインポートとは何か?

CRMなどに保存しているユーザー情報をContent Analyticsにインポートする機能です。
インポートしたデータは、Content Analiyticsのレポート上でフィルターとして使用することができるため、より高度な分析を行うことができるようになります。
※氏名などの個人情報はインポートできません。

詳しい設定方法はコチラ

Content Analyticsからエクスポートできるデータにはどのようなものがあるか?

以下のデータがエクスポート可能です。

  • ユーザー行動ログ
    組織管理画面の「データエクスポート」からエクスポート可能です。詳しくはコチラ
  • キャプチャ画像
    コンテンツレポートの「キャプチャダウンロード」からエクスポート可能です。詳しくはコチラ
  • コンテンツレポート
    コンテンツレポートの「CSVダウンロード」からエクスポート可能です。詳しくはコチラ

ゴール

ゴール設定数に上限はあるか?

上限はありませんので、必要なゴールを任意にご設定いただけます。

ゴールはどのような設定ができるのか?

到達したページURLの指定が可能です。
到達ページがない場合、もしくは、到達ページにトラッキングコードを設置することが難しい場合は、ボタンクリックなどのイベントをゴールに設定することが可能です。

  • ゴールの設定方法はコチラ
  • カスタムイベントの設定方法はコチラ

※お客様での対応が難しい場合は弊社で対応することも可能です。詳しくはオプションをご確認ください。

ゴールのURLに正規表現を利用することはできるのか?

利用可能です。ただし、`?= のような 肯定先読み と言われるパターンは使用できません。
また、 `_ (バックスラッシュ) はつけていただかなくても登録可能です。

TOP