GA4-INTRODUCTION

GA4導入支援サービス

GA4導入支援サービス

ユーザー分析のプロが次世代計測ツール「GoogleAnalytics4」の 導入から設定を徹底サポート。

「GA4導入支援サービス」では、Googleから新たにリリースされたGoogleAnalytics4の導入設定をご支援します。 ただ設置するだけではなく、これまで数多くの分析を行ってきたアナリストの観点からデータ取得ロジックの設定までをサポートいたします。

GA4とは?

スマホの普及によりユーザー行動は大きく変化し、「ページ」単位でデータを見る従来のGAだけではWebサイトやアプリを横断するユーザーの動きを捉えることが非常に難しくなりました。
また、個人情報保護の観点から”Cookie規制”が進んでおり、Googleでも2023年の廃止が発表された背景もあり、これまでのCookieに依存する計測ツールから脱却する必要があります。
そのような環境の変化に対して、行動イベントで「ユーザー」を捉える計測方法にアップデートし、プライバシーにも配慮したツールがGA4なのです。

GA4を導入するメリット

Webサイトとアプリを横断した
ユーザー行動が計測可能

「Webサイト」「iOS」「Android」のデータを1箇所で収集するため、クロスプラットフォーム計測が可能。 商品の閲覧はWebサイト、購入はスマホからなどのユーザー行動を一気に把握

ITPにも対応したプライバシーへの配慮

GDPR等のデータ規制や、サイトトラッキング防止機能のあるITPなどにも配慮。

無料で生データを取得し
GoogleBigQueryと連携可能

「ローデータ」を無償で取得出来るようになり他の分析ツールに取り込むことや、BigQueryへの連携もスムーズ

機械学習による分析と予測

機械学習が導入され、「サイトにアクセスしたユーザーが購入に至る確率」「サイトにアクセスしたユーザーが離脱する確率」を予測可能。広告効率化等が容易に。

なぜ今GA4を導入すべきなのか?

Cookieの廃止までに1年以上の猶予はありますが、ツール導入後にはイベントデータを蓄積する期間が必要であるため、移行後にすぐ分析に使えるわけではありません。 移行後すぐにデータ活用を行えるように、これまでのユニバーサルアナリティクスやGA360などと並行して今からでもデータやナレッジを貯めておくことを強くおすすめします。

導入支援内容

GA4を導入する際には、ただタグを設置するだけではなく、目的に合わせた設計が非常に重要となります。 そのための要件定義からしっかりと行い、タグ設置、取得設定から検証までを実施していきます。 設定完了後は実際に目的に沿って分析レポーティングを行い、ちゃんと”活用できる”GA4の運用を目指します。

< GA4 導入までのステップ >

  1. ①要件定義

  2. ②タグ設定

  3. ③データ取得設定

  4. ④検証

  5. ⑤レポーティング(オプション)

  • ※プロジェクト期間は検証までの実施で3ヶ月程度となります

詳しくはこちら

サービスや費用のご相談、資料請求についてはこちらよりお問い合わせください

弊社の個人情報に関する取り扱いについては プライバシーポリシー をご覧ください。
プライバシーポリシーの内容をご確認の上、ご同意頂ける方は「個人情報の取り扱い」にチェックしてください。

なお、当フォームから営業目的でのご連絡は遠慮ください。

サービスのご相談、資料請求、
お問い合わせをお待ちしております。

We are looking forward for your inquiry.

お問い合わせCONTACT US